そば処 浄楽

森田鉄幸さん(65歳)

北陸随一の五重塔を誇る妙成寺の門前の集落(羽咋市滝谷町)に、石臼手挽き手打ちにこだわったそばを振る舞う浄楽の店主、森田鉄幸さんは、羽咋生まれの羽咋育ち、生粋の羽咋人です。



もともと料理に興味があったんですか?

若かりし頃に、金沢市内の料亭や近江町市場内の鮮魚店で働いていて、昭和54年から羽咋市の学校給食調理員になったんやわ。



そば打ちはいつから?

平成8年に福井県でそば打ち体験をしたことがきっかけかな。
それ以来、独学でそば打ちを続けとって、店を始める前から時々だけど、国立能登青少年交流の家非常勤講師として、子どもたちや地域住民にそば打ちを指導しとったんやわ。





そば打ちのこだわりは?

初めて味わったときの石臼挽きのそばの味が今でも忘れられないんやね。その時の感動をお客様にも伝えたいと思っとるから、石臼手挽きにこだわっとんやわ。そばの出来栄えだけを考えて石臼を挽いとると、あっという間に時間が経つね。コース料理には、山菜や自然栽培野菜のかき揚げとか、地元で採れる旬の食材を使った料理が添えとるのもこだわりの一つ。





何か新たな試みなどは?

今年2反ほどのそば畑を整備中で、9月から10月にかけて、そばの花見や新そば打ち体験・試食会などの企画を通して、観光客と地域住民が交流できる企画もやってみたいね。









そば処 浄楽

〒925-0002
石川県羽咋市滝谷町ロ51
電話 0767-27-1433
営業時間:11:30~15:00
定休日:水曜日
https://ja-jp.facebook.com/sobajoraku/

TOPへ