道の駅 のと千里浜

魚市

豊かな里海に面した羽咋市
日本海に飛び出した能登半島は、三方を海に囲まれています。
遠浅の砂浜海岸・岩礁海岸、リアス式海岸など変化に富んだ海域では、豊かな生態系が広がり、生産性の高い海は「里海」と呼ばれています。
市内の柴垣漁港や滝漁港から水揚げされる新鮮で多彩な魚介類は、県内外でその品質が認められています。
道の駅のと千里浜では、石川県漁業協同組合柴垣支所の協力をいただき、魚・カニ・貝など羽咋の旬な海産物を新鮮なままご提供しています。

開催日
毎週土曜日
営業時間
9:00-売り切れ

市場の都合や漁の状況にて鮮魚が揃わない場合は休止

羽咋沖では、海を知り尽くした漁師さんたちにより定置網やゴチ網、刺し網、延べ縄、いか釣漁、採貝漁などさまざまな漁法を使って、四季折々の旬に合わせた魚介類を水揚げしています。
水揚げされた魚介類は滅菌海水で洗浄を行うことで、鮮度が長持ちするようにしています。

漁業協同組合柴垣支所 西さん
漁業協同組合柴垣支所 西さん

魚市を始めるまで、こんなにいろんな魚が水揚げされていることを知りませんでした。漁師さんが絶賛するお魚でも、市場での需要がないものもあります。
せっかくの海の幸を楽しんでもらえるよう、漁協や漁師さんの協力を頂いて、道の駅のと千里浜での販売にこぎつけました。
沢山の方々とのお話も楽しみにしています。ぜひ一度覗いてみてください。

スタッフ
© MICHINOEKI NOTO CHIRIHAMA
PageTop